支部会長挨拶

日比野病院 脳ドック室長・NSTスーパーバイザー 三原 千惠

三原 千惠

日比野病院 脳ドック室長・NSTスーパーバイザー

 

この度、中国支部会長を拝命いたしました。前支部会長の平井敏弘先生が中国支部会の組織作りや学術集会のマネジメントをしてくださいましたので、そのご業績を引き継いで中国5県(岡山、島根、鳥取、島根、広島、山口)の栄養療法の充実と連携を深めるために尽力したいと存じます。
日本静脈経腸栄養学会は、多病態の疾患を扱うこと、多職種の専門家が集うことで他の学会には見られないような連携が得られる貴重な学会です。本支部会では中国地方ならではの特殊性を活かして、さまざまな問題点や情報の共有化が得られる場にしたいと思います。またまだ介護職の会員が少ない現状があります。本支部会から会員の皆様に周囲の医療職および介護職の方々へのお声がけをお願い致します。
栄養療法においては、患者さんの病態や介護状況の時間的変化(縦の線)と、病院から施設や在宅へと移る環境の変化(横の線)を立体的に理解してより良いQOLを保つことが重要です。高齢化社会が定着し広がってきた今、医療と介護の経済的および社会的問題の増大が懸念されます。この支部会が地域の医療施設、介護施設、在宅に関わるすべての会員の皆様の密接な連携と情報交換に役立つことを祈念いたします。